札幌育児園

利用者からの苦情内容と結果

←前のページに戻る

(主  訴)
令和元年10月4日、小4女児より、中2男児が廊下やフリースペースで体を寄せてきたりして不快な思いをしているという訴えがある。

(対  応)
中2男児には担当指導員と心理士が不適切な行為の経緯や心情をアセスメントし、嘱託医(小児精神科医)による治療と並行して、性的問題行動の予防、改善に向けた心理教育的プログラムを実施した。また、児童相談所により性教育、カウンセリングが行われた。
小4女児には、心理的ケアに向け、心理療法の実施と性被害防止のための対処方法の習得を行った。

ページ上部へ戻る